はいどうも、

基本的に不真面目、

使用上の注意です。

ただ、根っこが真面目なコトに加えて見た目が真面目に見えるらしく、

基本的なオレ評は「真面目な人」だと思う。

まぁ確かに小心でヘタレで俗物なオレは日々、

イチ小市民として真面目に暮らしているのであるからして、

その言動の大部分は真面目な要素で構成されている、ハズ。

だから、オレが普段どれだけふざけた発言を重ねていても

それはオレの本質を表しているわけではない、

というコトを肝に銘じて頂きたい。

その証拠に今日は、「働くことの理由」について考えてみる。

ほら、真面目。



オレが好きな評論家の一人に、内田樹という人がおりまして。

早い話がその人の著作に感化されてみたという訳なのですが。

まぁ彼が直接的に「労働とは」論を展開していた訳ではなく、

単にこの社会のビジネスシステムでは

リスクを取らなければ決裁権は与えられず

決裁権がなければ責任もなく、結果としてその労働は

ビジネスではなくレイバーである、と。

しかるにレイバーではなくビジネスであれ、と。

そういう内容の論考を読んでいると、

そういえば昔の上司は「ワーカーになるな」と

口酸っぱく言っていたなぁと思い出す。

上からの指示に唯々諾々と従い、その意義も目的も

意識せず、ただただ叱責から逃れるためだけに働くのはイカンと。

そう考えると内田氏の主張するビジネス・レイバー論と、

かつての上司が繰り返したワーカー否定論に近似性を見いだせるような。

そんな気がしてならんのですよ。

かたやリスクをとって自ら権利と責任を獲得せよというビジネス論。

もう一方は指示待ち人間ではなく自ら仕事を産み出せというサラリーマン論。

ね?ちょっと似てるでしょ?



で、「人がなぜ働くのか」について考えてみるとどうなるか。

まぁ生活のためとかええもん食べたいとかええもん買いたいとか、

そんな感じの理由が多い気がする。

ただ、そうなると極論すればお金さえ手に入れば良い

という主張も成立するのであるからして、

いわゆる“いい生活”ができれば仕事の中身は問われない、

という結論も導き得る。

が、それは腑に落ちない。

だって、他人に後ろ指差されてまで金持ちになりたいか?

いや、なりたい人はまぁ目指せば良いさ。

でもそんな価値観をよしとしないなら、

何を動機に人は働くのか?

自己実現、というのは最近よく言われる理由だけれど、

それって人によって形が違いすぎて

何を以って自己実現なのかと問われても

なかなか説明が難しい。

それに、何のために自己実現をするのかが分からないわけで。

まぁだからこそ自己実現以上の理由を掘り下げず、

抽象的な用語の段階で結論づけてしまっとるわけですな、世間は。



何だかまとまりがなくなってきたので、

以下気が向けば続く。

これを読んだ読者諸兄は、

改めて自分が働く理由を見直してみれば良いさ(人任せ。

それじゃ。