新・使用上の戯言

意味がない、という意味を求めて紡ぐ、無意味な言葉の連なり。

カテゴリ:政治系

はいどうも、

久し振りに晩酌をかっくらいながら

住民投票の結果をwktkしながら待っている、

使用上の注意です。

出口調査の結果では賛成派が多数を占めそうな勢いだそうだけれども、

期日前投票の結果如何では真反対の結論に至る可能性もあるそうで。

とはいえ、都構想がどうだとか橋下市長の政治手法がどうだとか、

大阪の発展がどうだとかそういう話はするつもりもない。

というかできない。

所詮あっしはしがない一市民でしかありませんから。



そうではなくて、今回の住民投票で思うのは、

今の日本における政治活動ってのはある種広告業界とよく似ていて、

いかにメッセージをシンプルに尖りきるかがポイントなのかなぁって。

情報の流通量がもうそれこそ文字通り数百倍に増えた現代で、

広告情報と同じく政治に関する情報も腐るほどあるわけで。

日々情報の洪水に飲まれてアップアップいってる消費者は、

ほぼそのまま有権者であるからして処理できる情報量はほぼ同じ。

となると必然的に政治的コミュニケーションは

現代の広告コミュニケーションと同様のスタイルを取らざるをえない、

ようなそうでもないような。



『明日の広告』っつー本で看破されてたけれども、

広告コミュニケーションは情報の受け手に対して「聞けよコノヤロー」が

通じる時代なんてとっくの昔に終わりを告げていて、

むしろ今は「聞いてくださいお願いします」って感じだと。

しかも「オレが言いたいのはコレとコレとコレとコレと、

ついでにコレも聞いてけよコノヤロー」がまかり通っていた昔と違い、

「みなさんが知りたいのはズバリ、コレですよね」的なコミュニケーションに

変貌してしまっている、とのことで。

このコミュニケーションのシンプル化+ベネフィットアピールが、

政治の世界にも起きているのではなかろうか。

いわく、「オレを当選させたらコレとコレとコレとコレと、

ついでのコレも実現してやるから票を寄越せコノヤロー」という世界だったのが、

今や「みなさんが実現して欲しいのは、ズバリコレですよね」と。



で、何が言いたいのかと言いますと今回の住民投票で

賛成派のアピールと反対派のアピールを比べてみたところ、

賛成派の活動に軍配が上がるのではなかろうかと。

活動期間中に触れ得た情報を元にざっくりと双方の言い分をまとめると…

賛成派:大阪市を発展的に解消して未来の大阪を作りましょう

反対派:歴史ある大阪市がなくなる、市税が府税に吸収される、
    住民サービスが低下する、現状は別に二重じゃない etc…

てな感じではなかろうかと。

で、そう考えるとやっぱり、アピール上手は賛成派の方だったのではないかと、

そう愚考するわけで。

住民投票の結果はどうあれ、

政治的アピール勝負の結果は賛成派の勝利だったよね、っていう。



思うに、賛成派が上手くメッセージを絞り込むなら…

「今までスミマセン。これから頑張ります」

じゃなかったかなー。

賛成派の主張にいちいち個別で反論するから論点がぼやけたよねー。

以上、政治的コミュニケーションと広告コミュニケーションが

似通っているよね、っていうお話。

それじゃ。

はいどうも、

ふと思ったんだけど、

民主党はあえて小沢が代表選に出ることで

それなら菅のほうがマシだっていう

世論の流れを期待してるのか?

使用上の注意です。

小沢に総理をやらせるぐらいなら菅にもう少しだけ

任せた方がマシかも、と思わせたい?

いや、何となく思っただけだけども。

どうなる日本?!

それじゃ。

はいどうも、

めっきり政治に縁遠くなった、

使用上の注意です。

イヤ、まぁ元々そんなに近くはないけれども。



まぁアレだ、誰がどう見ても今回の民主党代表選は

712e9725.jpg


こんな感じ。

今の小沢氏は後鳥羽院か後白河法皇気取りか知らんけど、

北面の武士でも雇うのかね、彼は。

それとも西面の武士?



結局民主党の上層部も、やってることは自民党の

暗部と全く同じ、っていう。

自民&民主の若手が協働しねぇかな。

そうすりゃちょっとはオモロイ状況になるんだけども。



このカテゴリの他の記事はコチラから

それじゃ。

30才までに転職したい人はクリック!

2632b66c.jpg

はいどうも、

体調が微妙に不調、

使用上の注意です。

100%元気状態、になかなかなりません。

年ですか?年ですか。そうですか。








という訳で本日の戯言は久し振りに固く、

木を見て森を見ず。」。

最近世の流れに疎い。

それもこれも日課だったニュースサイト巡りが

なかなか出来ていないからだ。

忙しいから仕方がない。



で、ふと目にとまったニュースが、

読売新聞10月3日付のこんな記事

※新聞社のサイトは日が経つと記事がダウンされるので、

少し長いが全文を引用する。

 以下引用
↓↓↓↓↓↓

官房長官「補給艦への給油、中止を検討」

町村官房長官は3日午前の記者会見で、
インド洋で海上自衛隊が実施している他国艦船への給油活動のうち、
補給艦に対する給油について、「(中止することを)今後
議論していくことになろうかと思う。
全体のオペレーション(作戦)が可能なら、それは一つの考えだ」と
述べ、中止を検討していく考えを明らかにした。

海自の給油をめぐっては、イラク作戦に従事した米空母に対し、
米補給艦を通じて間接的に給油された可能性が指摘されている。

給油を駆逐艦、巡洋艦などに限り、補給艦への給油中止を検討するのは、
こうした疑念を一掃するために、活動に関する透明性を高める必要が
あると判断したものとみられる。


↑↑↑↑↑↑
 以上引用

つまり、自衛隊が行う国際貢献活動の一環として、

タリバン掃討作戦を後方支援するための給油活動が、

イラク戦争にも流用されていたのではないか、と。

支援の流れとしては、

自衛艦→米国補給艦→米国空母→イラク攻撃

というところだろうか。



で、何故これが問題なのかというと、

9月30日付読売新聞のこの記事によると、

 以下引用
↓↓↓↓↓↓

イラク戦米空母への給油疑惑、官房長官「事実なら違反」

町村官房長官は30日のテレビ朝日の番組で、テロ対策特別措置法に
基づきインド洋に派遣された海上自衛隊が補給した燃料が、イラク作戦を
目的とした米空母に給油されていたのではないかと指摘されている
問題について、「今、改めて日本政府から米政府に事実関係を
照会している。もし事実であれば、両国の了解とは違う形で油が
使われたということになる」と述べ、事実なら両国の了解や同法
の趣旨に反するとの考えを表明した。

そのうえで、「まず実態を調べた上で、改めて考える」とし、
疑惑が事実だと判明した場合、再発防止策など新たな対応を
検討する意向も示唆した。

この問題は、イラク戦争が始まるひと月前の2003年2月に、
海自補給艦「ときわ」が米補給艦を経由してイラクの監視活動などに
従事していた米空母キティホークに間接的に給油したとされるものだ。

防衛省では現在、インド洋で海自が行ったすべての給油について、
転用の有無を調査している。

一方、町村長官は同番組で、海自の給油活動継続に民主党が
反対していることに関し、「ここ1か月で世論は相当変わり、
(活動継続に)賛成が増えた。民主党が意見を変えないとすると、
『民意を尊重しないのか』ということだ」と述べ、同党をけん制した。


↑↑↑↑↑↑
 以上引用

ということらしく、つまりは米国との事前了解が

取れた範囲外で、日本が提供した燃料を流用していた、と。

そしてどれだけ足蹴にされてもみっともなくすがりつく

“国連中心主義”を取る日本としては、

正式な国連決議に基づかないイラク戦争へ

燃料が流用されると憲法上・テロ特措法上問題がある、と。



本当に日本人は、建前というか体面というか、

物事の表層的な部分をとやかくするのが好きだなぁ、

等と嘆息の一つもつきたくなるニュースだ。

国連決議の有無など、表層的に過ぎる。

イラク戦争が勃発した時点で、日本が提供する

燃料が転用される事は容易に推測出来る事柄であって、

この段になってとやかく言い出す問題ではない。



確かに、その時適切な説明を行わなかった政府にも責任がある。

第一義的には、間違いなく政府・与党の過失であろう。

しかし、今のタイミングでこの問題を取り上げるのは

内政的な正解であっても外交的には上手くない。

そろそろ民主党も、本質的な議論のできる政党になってくれないだろうか。

まぁ給油継続賛成派の中に、

「世界各国が支援しているタリバン掃討作戦から、

 日本だけ今撤退すると体面が保てない。」

等と宣う輩がいるだけに、どちらもどっちという感がしなくもないが。



筋論から考えれば、

1.タリバンが米国を攻撃したのは疑いようのない事実。
2.国家が国家たるため、米国がタリバンを掃討するのはやむを得ない。
3.同盟国が攻撃され、その反撃を行うなら協力するのが当然の選択。

これは国連決議のあるなしに左右されるものではない。

4.財物を提供した瞬間、その所有権は相手方に移転する。
5.所有権とは、当該物に関する一切の権利を意味する。
6.従って、当該物をどう使用するかは所有権者の自由。

そのため燃料をイラク戦争に転用するのも、

米国の自由であろう。ただし、

その一方で米国離れを模索しつつ

水面下で欧州・南米諸国・中東諸国と接触を図るべきなのだ、

自民党も民主党も官僚も。



妄信的な米国追従ではなく、

偏執的な反米反日でもなく、

日本の為の“面従腹背”を、お勧めする。

外交には、綺麗も汚いもない。

が、筋を通す事もまた大切なのである。

それじゃ(#゚Д゚)/~~

はいどうも、

金麦持って、





















































41d0fbae.jpg

待ってて欲しいなぁ

使用上の注意です。

いやぁ、綺麗ですな、壇れいさんは。

36才にはとても見えません。








という訳で本日の戯言は、

Danger zone 突入。」。



先日の参院選で大勝を果たした、小沢民主党。

これまで経済団体べったりの政策を推し進めてきた自民党に対して、

国民がハッキリとNOを示した結果でもあろう。

それだけでなく、今回は怪物・小沢一郎の本領発揮でもあった、

かもしれない。



全国の津々浦々で

自民党=「格差社会」「弱者切り捨て」というイメージを植え付け、

反対に民主党が政権を取れば「格差是正」「農村救済」が

実現するとの印象を与える。

そうやって非民主支持層の反自民票を集めた訳だ。



とまぁ細かい話は専門家に任せるとして、

ちょっと不安なニュースがお隣韓国から流れてきた。

それは、2007年8月9日付聯合ニュース

但し、リンク先はハングルなので全訳版がコチラ

 以下引用
↓↓↓↓↓↓

韓国女性、日本小沢代表秘書で猛活躍

この頃、日本で最も注目される政治家は断然、小沢一郎民主党代表だ。先月、参議院選挙で圧勝を演出、民主党を参議院内第一党に引き上げた人物だ。日本政局は当分、小沢代表のペースどおり流れることに違いない。

<中略>

そんな小沢代表を近くで補佐している韓国の猛烈女性がいて関心を集めている。小沢代表の国際担当秘書として活躍しているキム・スクヒョン(金淑賢.35)氏だ。去る2000年、当時、自由党党首であった小沢衆議院議員の秘書に抜擢された後、7年の間、傍を守っている。

<中略>

駐日韓国大使館とも随時政局の流れなどに関する情報をやり取りしているという、彼女は特にアジア外交を重視している小沢代表の韓日関係に対する認識に大きい影響を与えたことと自負している。

↑↑↑↑↑↑
 以上引用



ちなみに去年、何かと世情を騒がせている2ちゃんねるを中心に

ネット上で流れた画像がコレ。

9c10fe7a.jpg


もしこれが間違いなく事実だとしたら、

小沢一郎は韓国大使館と密接に連絡を取っている

韓国籍の女性を秘書として雇用している訳で、

国政上の重要機密が韓国に漏れている可能性すらある。



韓国聯合ニュースに依れば、

7年もの長きに渡りこの韓国人秘書は小沢一郎の

政策意志決定に重要な役割を果たした、らしい。

まぁ自国人をより立派に、偉大に書くのは彼の国の

お約束であろうから多少割り引いたとしても、

やはり疑わざるを得ない訳だ。

そこまで言うのは邪推だろうか。



真相はともかくとして、

政治家たる者「李下に冠を正さず。瓜田に沓を入れず。」を

基本姿勢として持つべきだと、私は思う。

でも、
















































これ以上は
やめとこ


ただ、日本のマスコミが一切報道しない所を見ると、

やっぱり本当なのかなぁ、と、むしろ。

それじゃ(#゚Д゚)/~~

はいどうも、

むなくそわりーと叫びながら、

全方位にレーザーでも発射したい

使用上の注意です。

もう、ほんと面倒くせぇ。








という訳でブログ強化月間真っ只中、

本日3本目の戯言は「たまにはかる?く政治を。」。



8月7日付・中日新聞から。

 以下引用
↓↓↓↓↓↓

「公明、単独提出辞さず 民主も「1円以上」案

公明党は7日の政治改革本部(本部長・東順治副代表)で、政治資金規正法の再改正を図り、事務所費など経常経費(人件費を除く)だけでなく政治活動費も「1円以上」の支出には領収書添付を義務付けるべきだとの認識で一致した。再改正案取りまとめが難航している自民党が同調しない場合でも、31日召集の臨時国会に再改正案を単独提出する構えで、「政治とカネ」をめぐり与党内のきしみが拡大する可能性が出てきた。

↑↑↑↑↑↑
 以上引用

つまり、今まで5万円以下の支出なら領収書不要だった

政治活動費だが、今後は1円以上でも領収書の添付を

義務づけよう、という流れになってきたと。

これをうけて自民党の反対派某議員のセリフ。



民間でも領収書を全部付けてる企業なんてないのに、

 これはやりすぎだよ。敏感過ぎじゃない?鈍感力が必要だね。




だから自民党は駄目だっつうんだよ。

こちとらありとあらゆる支出に領収書の添付が求められてるっつうの。

2万円以上なら経営陣の稟議までいるっつうの。

言うに事欠いて“鈍感力”とは恐れ入る。



つうか、仮に民間がそこまで厳しくやってなかったとしても、

てめぇら人様の税金で生きてる公僕だろうが、と。

そんなら民間以上に厳格なルールで金を使いやがれ、と。

これは或る意味、“生む機械”以上の失言じゃねぇのか、と。

やれやれ、だ。

それじゃ(#゚Д゚)/~~

はいどうも、

























仕事大好き

使用上の注意です。



という訳で本日の戯言は「類は友を呼ぶ。」である。

久し振りに硬い文章を書いてみたので、

興味のない方は華麗にスルーして頂きたい。



1月20日付の毎日新聞にこんな記事があった

現在の所、我が国の法制上憲法改正には国民の承認が必要である。
憲法第96条

が、そのためには国民投票制度が必要であり、

かつそれを実行する為の法律が必要である。

ところが現行法制に於いてその様な法律は存在しない。

つまり、現状では憲法を改正する事は出来ない。



この事は“憲法を改正するべきか否か”という

問題とは全く次元が異なる。

憲法改正の必要性と可能性は異なる議論なのである。

改正すべきにせよそうでないにせよ、将来改正されるにせよ

されないにせよ、改正する方法が担保されていない法律は

いずれ時代の変化に対応し切れずに無用化するのが目に見えてる。



これを“法の不備”、“立法の不作為”と呼ばずして

何と呼ぶのか、問うてみたい。



言い換えれば、立法を担う国会議員の職務怠慢であり、

有り体に言えば“給料泥棒”である。

にも拘わらず社民党と国民新党は

国民投票法案に反対するという。

とは言え、社民党はその党是に“憲法改悪反対”を

掲げている以上、その頑迷固陋さに呆れはするが、

或る意味筋の通った行動だと言えなくもない。



しかし、国民新党の行動にはもはや言葉もない。

ニュース原文にもある通り、亀井氏は

わが党は改憲の立場に立つが、
 自民党新憲法草案を成立させるための
 国民投票法案を慌ててやる必要はない


などと発言している。



これを党利党略と言わずして何という。

自分達を追い出した自民党憎さの余り

政策思想的に正反対の政党と手を結び、

しかもその事を恥もなく公言する。

彼の様な人物が大手を振って“政治家”を名乗る。

この一時を以てしても、

現在の日本が抱える問題の根深さが想像できる。



彼を始めとする国民新党に票を投じた有権者は、

己の不分明を恥じるべきであろう。



それじゃ(#゚Д゚)/~~

はいどうも、






cd72656f.jpg


言葉の魔術師
(見習いの卵)


使用上の注意です。

えぇ、まだ見習いの卵です。

何なら見習いの卵の有精卵、位です。

つまり有精卵が孵化して卵を脱出しても、

まだ「見習い」、な訳です。

と言う訳で本日の戯言は「民主党を嗤う」である。

まぁタイトルでピンと来た人もいるだろうが、

最近巷を賑わせている堀江元ライブドア社長メール事件について嗤おうと思う。

民主党はホリエモンから武部幹事長の次男宛に送られた、

送金指示メールを入手したとかで自民党を攻撃してみた。

所がそのメールの真贋を裏付ける証拠がない。

で、当然自民党は証拠を出せと騒ぎ出す。

一転守勢に立たされた民主党の一挙手一投足に注目が集まった訳だが、

党首討論で前原代表が採った選択は「国政調査権の発動要請」。

民主党のやり方を一言で表するならそれは単なる

『論点ずらし』

である。

与党側に「証拠を出せ」と言われて、

国政調査権を発動するなら提出する」と言い、

やましい所がないなら応ずるべきだ」とせっつく。

そして「与党が国政調査権の発動に応じないから悪い」と主張。

それを世間では『責任逃れ』と言う。

幹部自らが「確度の高い情報」だとか、

事実である事に確信を持っている」、

金融機関と口座番号まで特定出来た」と散々引っ張っておいて、

その結果が『永田議員の辞職』かいな。

見事な『責任転嫁→トカゲのしっぽ切り』コンボですな。

確か民主党は『次の内閣』とか言うパフォーマンスをしていた。

それを考えると成る程、

彼等が何故こんな馬鹿げた茶番を繰り広げたのか分かった気がする。

つまり、いざ自分達が政権を奪取して、

万々が一野党に攻撃された時の、















予行演習だったんだね。

これで大丈夫だよ、次の内閣(但し、スキャンダル対応に限る)。

それじゃ。( ´_ゝ`)/~~

はいどうも、社民党の土井たか子・前党首さん、















5acd8be7.jpg


落選
お(・∀・)め(・∀・)で
(・∀・)と(・∀・)う!
(嘲笑)


使用上の注意です。さらには社民党自体も伸び悩んでますね。まぁ








議席が消滅するよりは
マシ
なんじゃない?


とは言え、宗男が当選したり、ゼネコン汚職で失職した中村さんが当選した事が信じられません…。清美ちゃんはどうなったんだ?それにしてもまぁ自民党は強いですねぇ。単独過半数ですよ。まさに圧勝です。これからの政界の動きは、本当に興味津々ですな。

このページのトップヘ